竹筒を使ったお正月アレンジ♪花材と費用をお伝えします!

花アレンジ

コロナで家にいることが多いと、季節感を感じる機会が少なくなってしまうのがさびしいですよね。

そこでフラワーアレンジメントを習っている私は、「今年はお花でお正月の雰囲気を感じてもらいたい!」と思い、友人にお正月アレンジを作ってプレゼントしました。

今回使った花器は、おしゃれな竹筒です。

そして、できるだけ安く、いい花を手に入れるために、2日間でめぐったお花屋さんの数は7店。

完成した作品と一緒に、アレンジメントに使った花材、実際にかかった費用などをお伝えします。

お正月アレンジの作品

まず、私が作ったお正月アレンジがこちら。
同じデザインのものを2つ作って、友人2人にプレゼントしました。

竹筒を使ったお正月アレンジ

こうして写真で見ると…

「後ろの若松をちょっと左に傾けすぎたかな?」、「花と花の隙間のバランスが変かな?」と、いろいろ反省点がでてきます(^^;)

それでもいい練習になりました!

右から見たお正月アレンジ

 

アレンジに使った花材と、その値段は?

ここからは、今回のアレンジに使ったお花と、買った時の値段をご紹介していきます!

使ったのは、次の8種類のお花です。(お花に加えて、容器の竹筒も買いました。)

 

・菊(オレンジ)
・菊(黄色)
・葉ボタン
・千両
・南天の葉
・若松
・松ぼっくり
・ブルーベリーの葉

菊(2種類)

菊は、オレンジ色の大きなものと、黄色の花びらが特徴的なものを2種類買いました。(品種名は覚えていません^^;)

まず、オレンジ色の菊

オレンジ色の菊

ダリアのようにかわいらしい花びら!
あまり菊らしくないので、どんなアレンジにも使いやすいです。

1本330円でした。

 

2つ目は、花びらがわしゃわしゃしている菊

黄色い菊

1つの塊のように見えますが、枝分かれしたいくつかの花が固まって咲いています。

こちらも1本330円

 

葉ボタン

葉ボタンは緑色のも売っていましたが、紫色を買いました。

 

紫色の葉ボタン

このサイズは、芽キャベツ並みの小ささ!
もう少し大きなサイズが一般的ですが、竹筒が小さくお花があまり入らないので、ミニを選びました。

メインの菊が黄色系なので、対照的な色の紫を合わせて引き締めました。

値段は1つ220円でした。

 

千両

千両はオレンジ色?黄色?を選びました。

オレンジ色の千両

オレンジ色の千両を売っているお店は少ないかもしれません。

けれど、私がオレンジ色を選んだのは、節約のため(笑)
赤い千両は同じ値段でもボリュームが少なかったので、量が多いオレンジを選びました。

1本770円のものを買って、2つのアレンジに分けて使いました。

 

南天の葉

南天は、葉だけ買いました。

南天の葉

というのも、葉っぱと実が別々に売られていて、葉の方が安かったからです。

葉は1枝で440円、実は3、4枝で770円でした。

ちなみに2020年の冬は、南天が50年に1度ぐらいの凶作なんだとか。

この冬の南天の実は、赤い宝石とも呼ばれるほど品薄で、相場も上がっているそうです。

(通っているお花の教室の先生から教えてもらいました)

 

若松

若松は1本だけ買いました。(若松の写真は、次の松ぼっくりの写真の後ろにちょこっと映っています^^;)

短いわき枝が4本ついていたので、切って2つのアレンジに使いました。

値段は1本275円と安かったです。

 

松ぼっくり

金の松ぼっくりは、枝を1本購入。

金の松ぼっくりと若松

5つの小さな松ぼっくりがついて、440円でした。

枝付きだったので、吸水性スポンジそのまま挿せて楽でした♪

ブルーベリーの葉

アレンジの足元を隠すために、庭のブルーベリーの葉を使いました。

ブルーベリーの葉

本当は、千両の葉で足元の隙間を埋められるかな~と考えていました。

けれど葉っぱが大きすぎて、今回の小さなアレンジには向いていませんでした。

また花屋に買いに行くと出費が増えてしまうので、庭のブルーベリーの葉(0円)で済ませることにしました。

 

竹筒

最後に、花器の竹筒
これもお花屋さんで売られていました。

竹筒

布で拭いてみてましたが、色は変わらず少し曇ったように白っぽいです。

容量は、吸水性スポンジの1/3ブロックを、さらに半分にしたぐらいと小さめ。

1つ420円でした。

 

アレンジを作るのにかかった費用

ここまで一つ一つの花材を見てきましたが、重要なのが費用!

2人分の材料を計算してみたところ…

8種類のお花+竹筒+吸水性スポンジ=約4000円

となりました。

1人分では約2000円なので、まあまあ安く仕上がったと思います。

お正月アレンジ

 

けれど、2人分だからこの値段。

葉や実物は余ってしまうことが多いので、プレゼントをするなら2人分以上まとめて作った方が割安ですね!

 

今回お花を買った花屋さん

今回は、「よりいい花を、できるだけ安く買いたい!」と思い、2日間で7件のお花屋さんをめぐりました。

その中でもお花の種類が多く、値段もお手頃なのが、とうきゅうローラ。

アレンジに使った千両、若松、松ぼっくりは、とうきゅうフローラで買いました。

 

東急線沿線を中心に店舗があるので、神奈川県と東京都に住んでいる方はぜひ立ち寄ってみてください!

 

まとめ

お正月は、お花の値段はいつもより少し高め。

少し面倒ですが、3、4件のお花屋さんに行くと、安くていいものが手に入るかもしれません。

アレンジを作るときは、2つ以上まとめて作ってコストを抑えてられるとうれしいですね。

お花を飾って、癒されながら季節を感じましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました