4月、5月は藤、芍薬、バラの見頃!大船フラワーセンター

桜やチューリップが終わり、4、5月になると藤や芍薬(シャクヤク)、バラの季節です!

そんな春から初夏にかけてのお花を見るために、神奈川県に住んでいる私は、鎌倉市にある植物園、大船フラワーセンターに行ってきました!

2021年4月下旬に訪れた際の、園内のお花の写真や感想をお伝えしていきます♪

 

日比谷花壇大船フラワーセンターの基本情報

まずは、大船フラワーセンターの基本的な情報についてお伝えします。

  • 住所:〒247-0072 神奈川県鎌倉市岡本1018
  • アクセス(徒歩の場合):大船駅西口(大船観音側)から藤沢方面へ約16分
  • アクセス(バスの場合):大船駅西口バスターミナル「1番のりば」から、神奈川中央交通バス「渡内経由藤沢駅行」又は「公会堂前経由城廻中村行」乗車、「岡本」下車(大船駅西口から3番目のバス停)徒歩3分
フラワーセンターまでは、大船駅から歩いて約1キロ。
しかし、園内は1、2時間かけて回る広さなので、「着くまでに疲れちゃいそう!」と思う方は、バスで行くのがオススメです!
  •  開園時間
期間 開園時間
3月~10月 午前9時~午後5時まで
11月~2月 午前9時~午後4時まで
  • 入園料
対象 入園料
(20名以上団体)
年間パスポート
20歳以上(学生以外) 400円
(350円)
2,000円
学生、20歳未満 200円
(150円)
1,000円
高校生、65歳以上 150円
(100円)
1,000円
中学生以下・障がい者 無料

 

4、5月に見頃のお花たち

ここからは、大船フラワーセンターの藤、芍薬、バラの様子をお伝えしていきます。

白、紫、ピンクの藤

大船フラワーセンター藤

園内には何本もの藤の木が!

木は1本1本が大きくて、花がモリモリついているので見ごたえがあります。

白い藤の花

今年は例年より開花が早かったので、私が訪れた4月下旬には少し散り始めているものもありました。

けれど、紫、白、ピンクのきれいな花びらを見ることができました。

ピンクの藤は初めて!かわいい!

ピンクの藤

藤の木の近くにはベンチがいくつかあります。なので、そこに座って藤を見ながらおやつを食べて、のんびりできました♪

紫の藤

 

210品種!大輪の芍薬(シャクヤク)

大船フラワーセンターの芍薬

フラワーセンターの中には、芍薬だけが210品種、2千株も植えられている芍薬園があります。これは、全国でも有数の規模なんだとか!

中には、「これが芍薬なの~?」と思うような品種も。

白い芍薬

どれも大きなものばかりで、とっても迫力があります!

大船フラワーセンターの芍薬

芍薬はツバキ科の植物なので、ツバキの花に形が似ている芍薬もありました。

ちなみに下の写真は、スカーレット・オハラという品種の芍薬です。

芍薬(スカーレットオハラ)

芍薬の見ごろは5月上旬から中旬。

私が行ったのは4月下旬なのでまだ蕾の芍薬も多かったですが、きれいな芍薬を満喫できました!

 

370品種!色とりどりのバラ

大船フラワーセンターのバラ

園内のバラ園には、約370品種、1200株のバラが植えられています。

見ごろは5月中旬から7月上旬、10月中旬から11月中旬と長く楽しめます。

私が訪れた4月下旬は、まだ開花しているバラは少なめでした。バラがたくさん咲いているときに来たら、もっときれいだろうな~!

大船フラワーセンターのピンクのバラ

大船フラワーセンターの黄色いバラ

バラ園にはツルバラや背の高いバラもたくさんあって、立体的な作りになっています。
なので、ただ足元のバラの写真を撮るのだけではなく、バラを背景に自撮りをしたり楽しめます。

大船フラワーセンターのバラ

 

まとめ

春は見頃を迎えるお花がたくさん。4月は藤、5月は芍薬、バラが美しい季節です。

大船フラワーセンターでは、その時々の季節の植物が楽しめます。

園内は広くのんびりとできるので、ぜひ散歩やピクニックも兼ねて訪れてみてはいかがでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました