「ひろ」のプロフィール

プロフィール プロフィール

はじめまして!当ブログの運営者「ひろ」です。
このページでは、私の詳しい経歴や、ブログについての紹介をしていきます。

基本のプロフィール

最初に、基本的なプロフィールをまとめました。

  • 名前:ひろ
  • 年齢:20代後半
  • 出身地:神奈川県
  • 職業:金融機関に1年半勤務。現在は仕事を辞め休養中。
  • 経験:24歳のとき、卵巣の病気(卵巣のうしゅ)の摘出手術を受ける。
  • 趣味:フラワーアレンジメント、ガーデニング、読書、散歩、旅行

経歴

ここからは、今までの経験、仕事、趣味などについて詳しくご紹介していきます。
長いので、目次から気になったところだけでも読んでいただけると嬉しいです(^^)

生い立ち

私は神奈川県生まれです。
自然が近くにある、のんびりしとた場所で育ちました。

小さい頃は、一輪車、シール集め、ビーズのアクセサリー作りなどにはまっていました。

昔から人見知り。運動音痴なので体育は大嫌いでした(笑)

嵐に熱中した中学、高校時代

中学生のとき、ジャニーズの嵐の曲にはまって嵐の大ファンになりました!

それからは、ファンクラブに入って友達とコンサートに行ったり、CDや雑誌を集めたり。家でも学校でも嵐の話題ばかり。中学、高校時代は嵐が生活の一部のようになっていました。

けれど、ファンクラブに入っていてもだんだんコンサートのチケットが当たらなくなり、大学生になった頃には嵐熱も冷めてしまいました。

今考えると何であんなに好きだったのか不思議ですが(笑)嵐のおかげで楽しい学生時代を過ごせました♪

海外旅行によく行った大学生活と、ほろ苦いカナダ留学

なりたい職業も決まっていなかったので、とりあえず大学は経営学部に進学。

学生時代は英語が得意で、自然や歴史的な建物を見るのが好きだったので、海外旅行へ何度か行くようになりました。
今まで行ったのは、シンガポール、香港、ドイツなど10か国ほど。

旅行先のシンガポール

旅行先のシンガポール

香港

旅行先の香港のお寺

海外旅行をするようになってから、「自然が豊かな都市に留学して、英語の勉強をしながら一人で暮らす経験がしてみたい!」と思うようになりました。
そこで、大学を一年休学してカナダのバンクーバーに8ヵ月間語学留学をすることに。

バンクーバーの街並み

バンクーバーの街並み

留学して一番よかったなと思うのは、カナダの大自然を味わえたことです。

自然と都市が共存しているのがバンクーバーの魅力。壮大でとてもきれいな山や海がすぐ近くにあって、毎日眺めては癒されていました。

バンクーバーの海と山

バンクーバーの海と山

しかし通っていた語学学校では、意見をスラスラと言う留学生に対し、特に主張したいことがない自分の性格に落ち込むことも多くありました。

留学は、「のんびりしている私の性格だと、海外で暮らすのは向いていないな…。」と実感させられたほろ苦い経験でもあります。

消去法からの就職活動

大学生活ではやりたいことを見つけられなかったので、就活では自分の性格に合った仕事を探そうと思うようになりました。

私は、何かを企画したり、自分の意見を主張したりすることよりも、コツコツと勉強したり、自分の知っている知識を人に説明したりする方が得意でした。

それに加えて、私はパソコンを使うとすぐ目が疲れてしまうので、「一日中パソコンに向かう仕事は嫌だ!」という考えから、金融機関に絞って就職活動をしました。

そして、なんとか金融機関から内定をもらうことができました。

知識ゼロからの金融機関での仕事

最初は、「定期預金って何?」っていうぐらい何の知識もないまま金融機関での仕事がスタート。

会社に入る前も入ってからも、仕事に必要な保険や投資信託などの資格試験はいくつもありました。勉強するのが割りと好きだった私にとって、資格試験は苦になりませんでした。

けれど、資格を持っていても、仕事で活かせるかは別。

事務をしながら仕事の基礎を学んだり、上司がお客さんと話しているのを隣で見たりしながら、外貨預金や投資信託についても少しずつ理解できるようになっていきました。

それからは、自分の担当のお客さんを40人ほど持って、電話と店頭でのセールス業務を行うようになりました。

しかし、仕事にも少しずつ慣れてきたころ、病気が発覚したのです!

まさかの卵巣の病気が発覚!そして手術

社会人1年目の冬。1日休みが取れて何の予定もなかったので、婦人科に行きました。
というのも、前から生理痛が重いのと、毎晩横になると右下腹部が痛むのが気になっていたので、この機会に診てもらおうと思ったのです。

そして診察の結果、なんと、右の卵巣に腫瘍があることが発覚!!

後日MRIを撮って詳しく検査をし、大きな病院で腫瘍の摘出手術を受けることになりました。

まさか自分が20代で病気になって手術を受けるとは思ってもいなかったので、当時は驚きと不安でいっぱいでした。
ちなみに腫瘍は陽性で、卵巣のうしゅと呼ばれるもの。大きさは7、8センチでした。

病気が判明してから2か月後、腹腔鏡手術で無事に腫瘍を摘出することに成功しました。

術後体調を崩し、休職したのち退職

「手術も成功して、これで元気に生活できる!」と考えていたのですが、手術してからの方が体調が悪くなっていきました。

手術した右下腹部や腰が痛すぎて「歩くのが辛い、食べれない、寝れない」といった症状に悩まされるように。

しかし、病院で検査をした結果は異常なし。
手術の影響で、臓器が癒着して痛みが出ている可能性があると言われました。

手術の影響でこんなに体調すとは想定外。痛み止めも効かず、ほぼ毎日睡眠不足。体重も8キロ落ちました。
「なんでこんな痛い思いをして生きているのか…。」と人生で一番ツライ経験でした。

それに加えて、卵巣の手術でホルモンバランスが崩れたのが原因なのか、術後から生理痛の症状もとてもひどくなりました。

そのまま半年は仕事を頑張りましたが、精神的にも体力的にも限界だったので、休職をさせてもらうことに。

それから時間とともに少しずつ痛みは弱くなっていきましたが、体調は正社員で働けるほどには回復しませんでした。

残念ですが、休職してから1年3か月後に退職することに。現在は休養中です。

フラワーアレンジメントとの出会い

社会人になって何か新しい趣味を始めたいな~と思い、たどり着いたのはフラワーアレンジメント

初めて作ったお花の作品

初めて作ったお花の作品

自然が身近にある環境で育ち、小さいころに祖母が庭にたくさん花を植えていた影響もあって、ずっと花や自然が好きでした。

本当は、大学生のときに「フラワーアレンジメントを習いたい!」と思って教室を調べてみたのですが、レッスン代の相場は1回で1万円ほど。高くてあきらめることに…。

「だったら、花屋さんでアルバイトをしよう!」と面接を受けたのですが、不合格…。

それからしばらくお花のことは忘れていたのですが、社会人になってお金に余裕ができたので、お花の教室に通うことを決めました。

確かにレッスン代はお高いです。
けれど、お花に触れているときのうきうきした感じ、作品を夢中になって作っているときの集中力、作り終えた時の達成感は普段なかなか味わえません!

子どものころに戻ったみたいに、好きなことに打ち込む楽しさを思い出させてくれました。

現在は、通っているお花の教室のアシスタントとして活動を始めました!
とはいっても、実際に手伝いに行ったのはまだ1度だけ(2020年12月現在)。趣味の延長線上として、ゆる~く続けていきたいと思います♪

このブログで伝えたいこと

私の今までの経験を踏まえ、このブログで伝えたいテーマは2つです。

  1. 女性の健康
  2. 花や自然の美しさ、癒しの力

女性の健康

私は卵巣の病気で手術をしてから健康に対する意識が変わりました。

術後、臓器が癒着してしまった影響で体調を崩し、「歩くのもツライ、食べれない、寝れない」といった症状で苦しんだ期間が長かったので、普通に生活できることのありがたみを心から実感しました。

体が健康でなければ、仕事も遊ぶこともできません。
「今後できるだけ病気にかからないように、自分でできることはしていきたい!」と思うようになりました。

臓器の癒着は治すことができないので仕方がないのですが、今は特に卵巣や子宮を大切に、温めたり、血流を良くしたりすることを心がけて生活しています。

また、月経困難症の治療のため、低用量ピルのジェミーナを服用しています。副作用もありますが、ピルのおかげで生理痛がだいぶ楽になりました。

そんな私の経験、健康に役立つ情報、薬の効果などをブログで発信し、みなさん、特に女性が健康に暮らすためのお役に立てたら嬉しいなと思っています!

花や自然の美しさ、癒しの力

社会人になってフラワーアレンジメント教室に通い始めてから、花や自然の魅力にどっぷりはまっていきました。
一つの作品を作り上げること自体も楽しいのですが、私がフラワーアレンジメントに夢中になったのは、やはり「生のお花」を使っているため。

お花の教室で作ったブーケ

お花の教室で作った花束

今は造花やプリザーブドフラワーもレベルが高く、本物の花のように見えます。けれど、私は生花でなければテンションが上がりません。

生の花にはあって、それ以外の花にないものは何でしょう?
それは、「生命力」。
花は生き物だからこそ、みずみずしさ、香り、癒しの力をより感じることができます。

桜の枝を使ったアレンジ

桜の枝を使ったアレンジ

忙しく生活しているときには余裕がないかもしれませんが、花が一輪テーブルに飾ってあるだけでも部屋の雰囲気が明るくなり、花の力を感じることができると思います。

花や自然の力を感じ、より豊かに穏やかに暮らす人を増やしたい!」という思いから、知っていると役立つ花に関する情報(オススメの花屋、資材のお店など)、花や自然の観光スポットなどをお伝えしていきたいです。

最後に

このブログでは、女性の健康、花や自然に関することをメインに、日常で感じたこと、生活に役立つ情報なども発信していきたいと思っています!

体調を崩し退職してから現在まで休養中ですが、あと数か月したら、家にいながらできるアルバイトなども探し始める予定です。それまではブログを書きながらゆっくり過ごします。

最後までお読みくださりありがとうございました(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました