色彩検定いきなり2級!独学で一発合格するための問題集と勉強法

暮らし

この記事は、「色彩検定を受けたいけど、いきなり2級に合格できる?」、「色彩検定を独学するのにオススメのテキストや勉強法は?」と疑問に思っている方に向けて書いてます。

色彩検定2級ついて私が飛び級して2級に合格した際に使った2冊の問題集受かるための勉強方法について詳しくお伝えしていきます。

いきなり2級に合格できるの?

私は2020年11月に、初めて色彩検定を受けました。

受験しようと思ったのは、「趣味のフラワーアレンジメントや日常で役立ったらいいな~!」という理由でした。

その時心配だったのは、「3級を受けなくても、飛び級して2級から挑戦できるの?」、「2級は難しそうだけど、独学して一発で合格できるかな?」ということ。

けれど結果的に、いきなり2級を受けて一発で合格することができました。
つまり…

  • 受験資格に制限はないので、どの級からでも受験できる
  • 3級を受けなくても、一発で2級に合格するのは可能

なので、2級から受けようと思っている方も安心してください。ちゃんと勉強すれば、合格できますよ!

 

色彩検定2級とは

では、色彩検定2級はどんな試験なのか、基本的な情報について確認しておきましょう。
(色彩検定の公式ホームページを参照)

2級のレベルについて

まずは、2級のレベルについての確認です。

  • 1級:プロフェッショナル向け
  • 2級:実務に応用したい人向け
  • 3級:初めて色を学ぶ人向け

3級では、「色」の表し方などの基礎知識、色の心理的効果、配色(色の組み合わせ)を考えるときに便利な色彩体系である「PCCS」について学習します。日常生活や趣味でも活かすことができます。

2級では、3級で学習する範囲に加えて、実務でも役立つレベルの色彩調和についても学びます。特に、ファッションやインテリア、景観色彩のカラーコーディネートの基礎についても勉強するので、応用範囲が広がります。

 

合格率

次に、合格率を見ていきましょう。2019年のデータはこちらです。

  • 1級:44.7%
  • 2級:67.4%
  • 3級:74.4%

2級では、受験した人の7割近くが合格しています。
「合格率が7割なら、自分でも受かるかな?」と希望が持てますよね。

2級の試験はマークシート方式(一部記述あり)で、時間は80分。
合格ラインは満点の70%前後です。

試験が実施されるのは夏期(6月)と冬期(11月)の2回なので、受験のチャンスは意外と少ないです。

 

検定料

そして、大事な検定料についてです。
正直、他の検定と比べても検定料は高いです。

  • 1級:15,000円
  • 2級:10,000円
  • 3級:7,000円

私が2級から受けようと思った一番の理由が、検定料の高さ!

3級と2級を両方受けて問題集も買うとなると、けっこうな出費になってしまいます…。

なので、「できるだけ費用を抑えて資格を取りたい!」と思い、2級を選びました。

 

おすすめの問題集2選

さて、受験が決まったら、テキストや問題集を買って勉強ですね!
わかりやすくて効率よく勉強できる教材をご紹介します。

私が使っていたのはこの2冊。

  • わかる!色彩検定2、3級問題集
  • 色彩検定 過去問題集2級・3級

どんな問題集なのか、なぜオススメなのか、1冊ずつ説明していきますね。

 

わかる!色彩検定2、3級問題集

1冊目は、「わかる!色彩検定2、3級問題集」について。


改訂版 わかる! 色彩検定2・3級問題集 [ 長谷井 康子 ]

左のページに問題、右のページにはその解説が書いてあります。一冊で内容もしっかりしていて、2級、3級の範囲を効率よく勉強できます。

ネットで調べたところ、これ1冊で合格したという方もいました。

2級と3級、両方の問題集を買うとお金が…。教材代を節約して効率よく勉強したい!」そんな私のような方にオススメです。

「わかる!色彩検定2、3級問題集」は解説が丁寧なので、テキスト(教科書)を買わなくても十分合格できます。ただ、公式テキストから試験問題が出題されることが多いので、お金に余裕がある方は公式テキストを買うとより安心です。


色彩検定公式テキスト2級編 文部科学省後援

 

色彩検定 過去問題集2級・3級

2冊目は、公式の過去問題集。
こちらは、1冊に2、3級の1年分(2回)の過去問が収録されています。


色彩検定過去問題集2・3級(2019年度) 文部科学省後援

一発で受かりたいなら、過去問は絶対に買ったほうがいいです!

なぜなら、問題集だけでは本番の問題形式や、試験の全体像がわからないからです。

私が初めて過去問を解いたときは、「意外と問題数が多い!!」「問題集に載ってないのもあるし!」「デザインを見て、配色技法を記述する問題もあるのー?!!」と焦りました。

それでも過去問を解いていたおかげで、本番では落ち着いて問題を解くことができました。

 

受かるための勉強法

ここからは、問題集を使っての勉強方法についてです。

私はこの順番で勉強をしていました。

  1. まずは3級。問題集の解説を読んでから、問題を解く
  2. 次に2級。問題集の解説を読んでから、問題を解く
  3. 1と2を繰り返す
  4. 過去問を解いて実践練習
  5. 苦手な分野を問題集で復習
  6. また過去問を解いて総復習

知識がないと、いきなり問題を解こうとしても難しいです。

なので、まずは問題集の解説を読んでそれぞれの分野の内容を理解。それから問題を繰り返し解いていきました。

最初は意味が分からなくても、3級と2級の範囲を何度か繰り返していると、少しずつ頭に入ってきます。

そして一通り問題が解けたら、過去問で腕試し。
過去問を解くと自分の苦手な分野がわかるので、そこを集中的に復習していきました

勉強時間は人それぞれだと思いますが、私は問題集と過去問を5周ほどして合格できました。

 

まとめ

色彩検定は、どの級からでも受験ができます。しっかり勉強すれば、いきなり2級に合格するのも難しくありません。

それでも、問題集と過去問を繰り返し解くのは必須です!

2級の受験料は10,000円と高く、受験できるのは6月と11月の2回のみ。

1回で受かるように、計画的に勉強をして試験に挑みましょう!応援しています^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました